ahkahのジュエリー宝石の加工方法

ahkahのジュエリー宝石の加工方法は・・・?
ahkahのジュエリーは、そのままの姿では宝石や鉱物も、本来の美しさ、輝きを引き出す事はできません。
原石そのままの姿でも美しいですが、やはり本来の美しさや、輝きをを引き出すには、宝石を加工することでahkahのジュエリーにより初めてが引き出されます。
どんなに美しい宝石であっても、加工をしなければ、本来の美しさや輝きを出すことができずに、ahkahのジュエリーとしての価値は大きくならないと思われがちです。
宝石を加工する「カットのマジック」にかかれば、たちまち美しい宝石、ahkahのジュエリーに変身します。宝石にもいろいろな加工の方法があります。
ahkahのジュエリー宝石の魅力を変えるにはその仕方を少し変えるだけでいいのです。
では、ahkahのジュエリー宝石の加工とはどんなものなのでしょう。
人工的に手を加えることにより、ahkahのジュエリー宝石のもつ美しさをさらに高め、内部の輝きまでも引出します。
宝石は採掘し、その色や輝きを最大限に引き出す為にカット・研磨をします。
宝石の種類によってはその他にも様々な人為的加工を施す場合があります。
ahkahのジュエリーでは、その作業はエンハンスメント(改良)とトリートメント(改変)と言われます。
エンハンスメントにより、宝石が本来持っている潜在性を引き出され、トリートメントにより、宝石の性質には関係なく色を塗ったりして人為的に改変して、ahkahのジュエリーに変身します。
また、ahkahのジュエリーの場合でも、一般的には宝石の原石は、カットされ、研磨されたルース(裸石)の状態で輪入されます。
この時点ですでにahkahのジュエリーとしての宝石そのものの美しさは引き出されています。
その後に、GEM(宝石)をJEWELRY(宝飾品)に加工する作業がエンハンスメント(改良)とトリートメント(改変)です。宝石の加工と金属の加工とは、考え方が全く異なっています。
その宝石をより一層引き立て、持ち主の個性も引き立たせるためには、ahkahのジュエリーなどのネックレスにするか、指輪か、それともイアリングやブローチにするのかにより大切な作業です。

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP