ahkahのジュエリー宝石の基礎知識

ahkahのジュエリー宝石の基礎知識を知っていますか?
ahkahのジュエリーといっても、「宝石」にももいろいろな種類があり、柔らかい石もあれば、とても硬い石もあり、その性質はさまざまです。
ahkahのジュエリーがただきれいだから・・・というだけではなく、その石の特徴をよく理解し、基礎知識を調べることも宝飾品を選ぶことにおいて大切です。
ahkahのジュエリーをはじめ、大きく4つの価値基準が宝石にはあります。
財産性として、装飾品として、観賞用として、お守りとしての四つです。
ahkahのジュエリー「宝石が身近な存在となり興味のあるもの」
となっていくためんは、この4つの価値が重なり合うような位置に存在する宝石を手に入れるとよいでしょう。
ahkahのジュエリーでも、ダイヤモンドは鑑定機関が検査をし品質を決定します。
ahkahのジュエリーのダイヤモンドの良し悪しが簡単に見分けるには、ダイヤモンドの基礎知識を学び、品質表示を理解することが必要となります。
簡単な器具を使うことで、ahkahのジュエリーの良し悪しが分かる宝石がダイヤモンドだけです。
また、ahkahのジュエリーをはじめとして、世界各地にカラーダイヤモンド以外の色石は広く分布し産出されています。
産出した色石は貴石と半貴石に分類され、貴石のほんの極一部が宝石と呼ばれ、ahkahのジュエリーが生まれますます。
そして、大半がahkahのジュエリーなど、置物やアクセサリーとして利用され、残りが研磨剤などで産業用として利用されています。
コランダムの結晶であるルビーやサファイヤ、クロムの結晶であるエメラルドは、ahkahのジュエリー野中でも貴石として有名なものです。
これらのうち宝石と呼ばれるものは、硬度が高くナチュラル(無処理)の貴石のみです。
硬度が低く産出量も豊富で希少性があまり無いトルマリンやアメジスト、トパーズは、貴石の上に半が付けられ半貴石と呼ばれています。
これらは、ahkahのジュエリーなどのアクセサリーなどとして幅広く利用されています。
これら貴石と半貴石を総称して色石と呼びます。

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP