bag

ロエベの財布 バッグ

loewe(ロエベ)というブランドを知っていますか?

バッグでおすすめなのは斜めがけのloewe ロエベのショルダーバッグです。

loewe(ロエベ)の財布やキーケースや名刺入れはとっても上品な感じがします。

loewe(ロエベ)でデビューするならおすすめはこれ

私がloewe(ロエベ)に出会ったのは姉からプレゼントされたloewe(ロエベ)の財布をもらった時でした。

恥ずかしながら私はloewe(ロエベ)を知りませんでした。

loewe(ロエベ)がどんなブランドなのか気になって調べてみました。

loewe(ロエベ)とはスペインで革小物の制作をしたのが始まりのブランドで、良質なレザーを厳選して使用していることでも有名です。

私が姉からプレゼントされた財布もレザーのものだったのですが、言われる通りとっても良質なレザーが使用されています。

持てば持つほど味が出るというのはこういうことなのかなぁって思わせてくれます。

loewe(ロエベ)の財布は、とっても品のある感じで、ブランド品を持っているのに嫌味がない感じがとってもいいですね。

ロゴもあるのですが、ロゴが主張しすぎないところがいいですね。

loewe(ロエベ)デビューなら、財布やキーケース、名刺入れなどの小物からトライしてみるのがいいかと思います。

loewe(ロエベ)のバッグ

loewe(ロエベ)のバッグって気品が溢れていて女性の憧れのバッグですよね。

ありきたりのブランドではどうも物足りないと思っているあなたのぴったりの本格志向のバッグです。

私のおススメのloewe(ロエベ)のバッグと言ったら、斜めがけのショルダーバッグです。

老舗ブランドのloewe(ロエベ)のバッグというと、かっちりとした上級バッグという印象がありがちですが、斜めがけのショルダーバッグというちょっとカジュアルな出で立ちにもloewe(ロエベ)のバッグがマッチします。

もちろん最高級ブランドのloewe(ロエベ)のバッグと言うことなので、品質は折り紙つきですし、普段使いから改まったシーンにも大活躍の一品です。

どんなファッションにも合わせやすいカラーをチョイスすれば、男女年齢問わずの末長くお使いいただけるバッグです。

loewe(ロエベ)のバッグには斜めがけショルダーバッグの他にも色々なタイプがありますので、お好みで選んでいただけます。

loewe(ロエベ)のバッグならどのバッグを選んでも失敗がないのがいいですね。

loewe japan ロエベジャパン

loewe(ロエベ)の歴史は、スペインで皮革製品の工房を開いたところから始まりました。

そのうち、loewe(ロエベ)は王室御用達の名誉を与えられて、現在に至っています。

loewe(ロエベ)というと、女性の憧れのブランドですよね。

loewe(ロエベ)のショップは高級感に溢れていて、ちょっと敷居が高いのかなって思っていたけど、最近ではそんな気があまりしなくなりました。

もしかしてそれは、自分がloewe(ロエベ)を持っていてもしっくりくるような年齢になってきたからかもしれませんが…。

日本国内でloewe(ロエベ)はルイヴィトン傘下のloewe japan(ロエベジャパン)によって展開されています。

ルイヴィトンの傘下だったとは全く知りませんでした。

loewe japan(ロエベジャパン)は1986年日本法人として営業が開始されました。

1997年に銀座本店がオープンし、2000年にはその銀座本店を拡大リニューアルオープンさせています。

◆loewe japan(ロエベジャパン)

[ad#ad-1]