ペアシェイプカットでより輝く宝石

ahkahのジュエリー宝石は、しずく型をしたブリリアントカットの宝石です。
宝石のブリリアントカットの一種がahkahのジュエリー宝石です。
ahkahのジュエリー宝石の形には、丸いラウンドカット、楕円のオーバルカット、丸みを帯びたひし形のマーキスカット、そしてしずく型のペアシェープカットなどカットの仕方によって色々なタイプがあります。
ahkahのジュエリー宝石は、それぞれの形に個性があり、しずく形のペアシェープの「ぺア」とは洋ナシのことで、そのカット名は洋ナシの形に似ているためつけられたものです。
ahkahのジュエリー宝石は、特徴的なカットなので、一方は丸みを帯びた先端で、もう一方は鋭い先端になっているシェイプです。
このバランスがとても美しいのがahkahのジュエリー宝石です。
人の視線は、ahkahのジュエリー宝石の全体を見ているようですが、実はそうでもないようです。
ahkahのジュエリー宝石には、必ず、視点が集まりやすい部分があるようです。
これは、人によっても誤差はありますが、このahkahのジュエリー宝石のペアシェープカットの場合では、丸みを帯びた部分から鋭い先端まで、視線が集まりますが、ほとんどは鋭い先端に向かって集まるようです。
このがahkahのジュエリー宝石のデザインにアクセントを生み出すポイントとなるようです。
ahkahのジュエリー宝石のペアシェイプカットは中世ヨーロッパで好んで用いられ、しずくの形でカット面が多く、反射光が繊細で大人の雰囲気が漂います。
ahkahのジュエリー宝石でリングにするなら、鋭く尖った方を指先に向けると、指を長く美しく見せることができます。
ここ十数年、ahkahのジュエリー宝石のペアシェイプカットのエメラルドは、人々の脚光を集めています。
普段のジュエリーからハイジュエリーまで、注目されているのが、ahkahのジュエリー宝石だといえます。
石そのものの大きさや形から、ジュエリーに仕立てるときのバランス感を作り出していきます。
ですから、ahkahのジュエリー宝石は、オーダーメイドがとっても楽しみです。
また、ペアシェイプカットは、別の魅力を発揮させるため、石の方向をさまざまな角度に変えてahkahのジュエリー宝石にします。
ahkahのジュエリー宝石は、ペンダントをはじめとして様々なジュエリーアイテムとしてペアシェイプカットのエメラルドは、幅広く喜ばれています。

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP