レペットのバレエシューズ

バレエシューズは、古くはブリジットバルドーやバーキン・ゲンスブールなどパリのダンスメーカーのシューズがあります。
バレエシューズは、街で履いてもかわいいシューズがたくさんあります。
そのバレエシューズが、いよいよ本格的にファッション業界に進出してきました。
パリの名門ダンスメーカーが作ったバレエシューズモチーフはかわいいモデルがたくさんあって、どのバレエシューズにしようか迷ってしまうほどです。
 
ブリジットバルドーやオードリーヘップバーンも愛用していたことで有名な、フランスのバレエシューズのブランドに、レペットのバレエシューズがあります。
レペットのバレエシューズは、1947年ローズ・レペットによって、パリで創設されました。
レペットのバレエシューズは、ヨーロッパではクラシックバレエシューズ・ウェアのメーカーとして、トップレベルの規模と品質を現在でも誇っています。
1956年“素直な悪女 Et Dieu crea la femme”でブリジット・バルドーがレペットのバレエシューズを履いて主演したことによって有名になり、フレンチポップスの大御所セルジュ・ゲンズブールやジェーン・バーキンなどのファッションを極めたセレブリティ達がレペットのバレエシューズを愛用している人が多いことでもよく知られるようになりました。
1950年代から始まった、バレエモチーフのタウンシューズは、パリのエスプリを感じさせる鮮烈なデザインが当時の人たちに新鮮な衝撃を与え、その結果、ファッショナブルなタウンシューズとして、レペットのバレエシューズの名が広く知られるようになりました。
レペットのバレエシューズは、バレリーナ達の日常で使う履き物としてはもちろん、タウンシューズとしても、一度履いたらやめられなくなってしまうほど、多くのリピーターのサポートもあって、もはやその人気は世界も認めています。
レペットのバレエシューズは、その独特の表情のかわいらしさ、軽さ、しなやかな質感が人気にあります。
そして年々増えていく、レペットのバレエシューズの美しい素材と色の豊富な品揃えは、一瞬も目が離せない大注目ブランドです。
レペットの定番バレエシューズに、CENDRILLON(センドリォン/フランス語でシンデレラ)がありますが、これはブリジット・バルドーが履いていたモデルとして一躍脚光を浴びるようになりました。
私のもっているブランド靴の中でも一番のお気に入りが、このレペットのバレエシューズです。
本当は背が低いからヒールのある靴を履くのがいいのだろうけれど、どうしても私には似合わない気がしてレペットのバレエシューズお気に入りになりました。
私は背が低いので、もちろん足もミニサイズなんです。
レペットのバレエシューズだと、35でぴったりですが、日本で、この35サイズを探すのは難しく、その上欲しい色にめぐり合えることがないのが残念です。

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP