Rose Repettoがパリで設立

レペットは、1947年にRose Repettoがパリで設立したバレエ用品関連メーカーです。
今ではヨーロッパでは言わずと知れたクラシックバレエシューズやウェアのメーカーに成長しています。
レペットは、バレエ用品を作るかたわらで、1950年代からバレエシューズをモチーフとしたタウンシューズを発表しました。
すると、レペットのバレエシューズが世界的大ヒットとなり、一度履いたら手放せなくなるというリピーターが多く、その洗練されたデザインとその履き心地で愛用者が急増しています。
このバレエシューズの人気の火付け役はブリジット・バルドーだそうです。
1956年公開のEt Dieu crea la femme(邦題:素直な悪女)劇中でレペットのタウンシューズをはいていたことから、お洒落に敏感な女優たち、ファッション業界にまで広がり始め、バレエシューズのブームを巻き起こしたことは有名な話です。
バレエシューズの愛用者には、パリオペラ座・リヨンオペラ座・マルセイユバレエスクールをはじめ、ボルドー・シャンパーニュ地方のバレエ関係者、セルジュ・ゲンズブールやジェーン・バーキンがいます。
バレエシューズは、日本でも雅姫さんを始めとする多くのセレブたちに愛用されています。
レペットの人気が伺えるエピソードとして、フランス女性の90%がレペットのバレエシューズを気に入っているというデータもあります。
ここ数年は、レペットのバレエシューズは素材や色のバリエーションが広がり、さらにファンの拡大が進んでいます。
レペットのバレエシューズは、ネットショップでも豊富に取り揃えされており、近くに専門店がない地方の方には、おすすめです。
CENDRILLONシリーズ 
CENDRILLONはフランス語でシンデレラの意味を持つ、ブリジット・バルドーが履いていたモデルです。
レペットの定番中の定番モデルです。
BBシリーズ 
2005年春夏シーズンから初登場した”BB”は”Cendrillon”の原型モデル。
レペットに「足の指が見える深いカットのシューズを」とリクエストしたブリジット・バルドーの名前がつけられた、カットのきれいなシューズです。
甲浅のデザインは足をキュートに演出してくれます。
MOLLYシリーズ 
MOLLYも永遠のベストセラーであるオリジナルベーシックモデルです。
CENDRILLONよりも若干ヒールが高く、横幅が広めのつくりとなっています。

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP