ティファニー ネックレスのシルバーアクセサリーのお手入れ方法

ティファニー ネックレスと聞いて、3つの宝石こぼれ話を紹介します。

ティファニー ネックレスなどのアクセサリーを語るうえで、避けては通れない宝石についてのこぼれ話を紹介したいと思います。

その1 ルビーは紅玉?
その2 謎のダイヤ
その3 不思議なアレキサンドライト
皆さんご存じの『シャーロック・ホームズ』に『青い紅玉』という作品があります。

これは一般に『あおいルビー』と言われていますが、実はルビーはコランダムという酸化アルミニウムの結晶で、コランダム自体は無色透明なのです。

これに不純物が混ざることで色がつき、赤いものを特にルビーと呼ぶのです。

で、青いものはなんと呼ぶかと申しますと、「サファイア」と呼びます。

そうです。
 
ルビーとサファイアはほとんど同じ鉱物なのですね。

ですから、ルビーが青かったらサファイアなのです。

つまり、『あおいルビー』というのは誤訳です。

正しくは『あおいガーネット』なのです。

ところで、ガーネットとはなんでしょう。

ティファニー ネックレスにも使われるガーネットとは1月の誕生石で、濃い赤が特徴的な宝石です。

ちなみに、ティファニー ネックレスも青以外のほとんどの色があるそうです。

いいかえると、青いガーネットは青い薔薇以上に珍しいのです。

余談ですが、自然界に色の三原色・赤・青・黄の3つの色を持つ花は存在しないそうです。
 
青い薔薇は遺伝子操作によって生まれました。

ちなみに、どうしてルビーとガーネットを取り違える誤訳が生じたのでしょうか?
推測に過ぎませんが、コランダムのことを鋼玉と呼び、赤い色が有名な(昔は護符がわりにも使われたそうです)ガーネットを紅玉と呼ぶので、そのためではないかと思われます。

両方とも発音すれば『こうぎょく』ですからね。

もしくは、日本ではあまりなじみのないガーネットを意図的にルビーに変えたのでは?という可能性もあります。

ティファニー ネックレスにも使われる、4月の誕生石・ダイヤモンドといえば、言うまでもなく地球上で自然に存在する一番硬い鉱物ですね。

ティファニー ネックレスにも使われる、硬いダイヤモンドも木炭と同じく、炭素で出来ているのも言うまでもありません。

そのティファニー ネックレスダイヤモンドのなかには『ミステリーダイヤ』というものがあります。

ちなみに、これは商品名ではありません。

漫画で得た知識なので、本当にそんなものがあるのか半信半疑だったのですが、どうやら本当にあるらしいです。

ティファニー ネックレスでも、ダイヤモンドには4つのCがある、とよく言われます。

4つのC、つまりカラット、クラリティ、カラー、カットです。

1つめのC、カラットとは要するに重さです。
 
昔はまちまちだったのですが、1906年から全世界で1カラットは0.2グラムになりました。

2つめのC、クラリティとは透明度です。
 
その段階は10に分けられていますが、その他にもキズとか混ざりものとかの記載が鑑定書にはあるそうです。

3つめのC、カラーは色ですが、単なる色ではなく蛍光色も要素に含まれているそうです。
 
当然、色がついていないほうがいいのですが、ブルー・グリーン・ピンクなどの色だと価値が高くなる場合もあります。

4つめのC、カットは削り方(乱暴な言い方ですが)です。
 
二つの要素があり、均整がとれているかどうか、とカットの仕上がりです。

ところで、ティファニー ネックレスがミステリーダイヤかどうかは4つのCとあまり関係ありません。
 
ミステリーダイヤというのは歴史のある一時期しか在りかが判らないダイヤモンドのことです。

つまり、記録も写真も残っていて、実在したのは間違いないのにどこに行ったか判らず、どこから産出したのかも判らないダイヤのことです。

あまり小さくて美しくないダイヤではそんなことはないから、4つのCもまるで関係ない訳ではありませんが、世界最大級のダイヤ『アフリカの星』がどこに消えたか判らない、なんて事は(いまのところ)ないので4つのCは充分条件ではあっても必要条件ではないですね。

これはどうもダイヤモンドだけらしくて、他の宝石、例えば、ミステリー真珠とかミステリーエメラルドというのはあまり聞きません。

余談ですが、実際はダイヤモンドではないのにダイヤモンドと名が付いている宝石はたくさんあります。

1つの例として『ブラジリアン・ダイヤモンド』というのがあります。

『ブラジリアン』とついているから、知らない人はてっきりブラジル産のダイヤモンドかと思ってしまいますが、実はさにあらず。
 
ブラジルでとれた水晶をこういって売っているそうです。
 
ちなみに、ブラジル産のダイヤモンドはティファニー ネックレスでも、ただ単に『ダイヤモンド』と呼びます。

まあ、はっきり言えば『ごまかし』な訳です。
 
これからティファニー ネックレスを購入しようと思っている方、ご用心をお薦めします。

また、ティファニー ネックレスに使われる希少価値の高い宝石の中(宝石というのは大概、希少価値が高いのですが、それは置いといて)「アレキサンドライト」という石があります。

昔、少女漫画で同名のものがありました。

それはともかくとして、昔の推理クイズの類いにはよくこの宝石ティファニー ネックレスが題材となっていました。

まあ、ティファニー ネックレスのような宝石というのは『月長石』の昔からよく推理モノの題材になりやすいんですが、アレキサンドライトはその珍しい性質のせいでよくネタに使われていたようです。

その珍しい性質とはなにか?といいますと。

なんと、アレキサンドライトは光源の種類によって色が変るのです。

太陽光や蛍光燈の下では濃い緑に、そして白熱電球や蝋燭の炎に照らされると赤く輝くのだそうです。

残念ながら、希少性が高いのでまだ本物を見たことはないのですが、写真では確かに色が変化しています。

ティファニー ネックレスのダイヤにも実は『カメレオン・ダイヤ』といって、光原の違いによって色が変るダイヤもあるそうですが、さすがにここまで劇的には変らないでしょう。

最後に1つ。

どこかの有名ブランド(名前は失念しました……すみません)では本物(天然)の宝石は使わず、必ず模造宝石をアクセサリーに使用するそうです。

ファッションへのポリシーに由来するのだそうですが、なかなか出来ないことですね。

ティファニー ネックレスのシルバーアクセサリーのお手入れ方法ですが、ティファニー ネックレスのシルバーアクセサリーに限らず、アクセサリーは普段身に付けていると汚れていきます。

特にティファニー ネックレスのシルバーアクセサリーは、使わずにほっておくと、シルバーが酸化して黒く変色する事があります。

もちろん変色していく事によりそれがティファニー ネックレスシルバーの「味」となり、それがいい風合いとなるものもあります。

たとえばブランドでいえば、ティファニー ネックレスなどは味が出ることでとても魅力的にみえるシルバーアクセサリーといえるでしょう。

ティファニー ネックレスのシルバーは空気中の硫黄分により、硫化銀の皮膜を作り徐々に黒ずんできます。
また、ティファニー ネックレスチェーンの首や皮膚にあたる部分が黒ずんだり、リングの内側が黒ずんだりするのは、皮膚や髪を構成しているたんぱく質の成分であるシスチンというアミノ酸に硫黄が含まれているからです。

また、硫黄は医薬品の皮膚クリームや軟膏にも含まれていて、強い皮膚を作る蛋白質の成分として重要な役割を持っていますが、ティファニー ネックレスのシルバーには硫化という作用を与えます。

ティファニー ネックレスを使っていく上での汚れや黒ずみ、小さなキズなどは、少しのお手入れで買ったときの輝きを取り戻すことができます。

例え、200年前に作られたティファニー ネックレスであっても正しく手入れをすれば、当時の輝きが甦ります。

一般的なお手入れ方法としては、市販のシルバーポリッシングクロスがおすすめです。

これは、クリーナー成分が含まれたクロスで、ただ磨くことにより、汚れを落とし、ティファニー ネックレスのシルバー本来の輝きを取り戻します。

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP